Our Works (2024)

Publications (Journals, and Books)

  1. Ikeda T, Sato K, Kawaguchi SI, Izawa J, Takayama N, Hayakawa H, Nagayama T, Umino K, Morita K, Matsumoto K, Ushijima K, Kanda Y.: Forodesine Enhances Immune Responses through Guanosine-Mediated TLR7 Activation while Preventing Graft-versus-Host Disease. J Immunol 212(1): 143-153, 2024  (doi: 10.4049/jimmunol.2300003).

  2. Yamakawa W, Yasukochi S, Tsurudome Y, Kusunose N, Yamaguchi Y, Tsuruta A, Matsunaga N, Ushijima K, Koyanagi S, Ohdo S.: Suppression of neuropathic pain in the circadian clock–deficient Per2m/m mice involves up-regulation of endocannabinoid system. PNAS Nexus 3(1): 482, 2024 (doi:  10.1093/pnasnexus/pgad482).

  3. Tamura M, Murata, S, Ota C, Tanaka S, Arichika H, Hakuno D, Okada N, Ushijima K, Tsuji Y, Kitahara T.: Relationship between prolonged gestation and nifedipine pharmacokinetics in long-term tocolysis. Basic Clin Pharmacol Toxicol 134(2): 241-249, 2024 (doi: 10.1111/bcpt.13965).

  4. Georgieva D, Wang N, Taglialatela A, Jerabek S, Reczek CR, Lim PX, Sung J, Du Q, Horiguchi M, Jasin M, Ciccia A, Baer R, Egli D.: BRCA1 and 53BP1 regulate reprogramming efficiency by mediating DNA repair pathway choice at replication-associated double-strand breaks. Cell Rep 43(4): 114006, 2024 (doi: 10.1016/j.celrep.2024.114006).

  5. Yamakawa Y#, Tsurudome Y#, Tamada M, Tsuchimochi Y, Umeda Y, Yoshida Y, Kobayashi D, Kawashiri T, Kubota T, Matsunaga N, Shimazoe T.: Cholecystokinin receptor type A are involved in the circadian rhythm of the mouse retina. Heliyon 10(12): E32653, 2024 (# These authors contributed equally to this study) (doi.org/10.1016/j.heliyon.2024.e32653).

  6. 鶴留優也、船木智陽、堀口道子、牛島健太郎;フロセミド錠の先発医薬品および後発医薬品の溶出性比較試験. 山陽小野田市立山口東京理科大学紀要 7: 39-43, 2024.

  7. 牛島健太郎、眞田幸弘、大友慎也、大柿景子、平田雄大、岡田憲樹、大西康晴、佐久間康成、和田由喜世、藤村昭夫、水田耕一;小児生体肝移植後の急性拒絶反応を抑制するためのメチルプレドニゾロンの時間治療. 臨床薬理の進歩  45: 12-20, 2024

Presentations (Meetings, and Seminars)

  1. 牛島健太郎;免疫活性の日内リズムとステロイド剤の時間治療. 福岡市博多区薬剤師会研修会(2024年2月28日、福岡)

  2. 堀口道子、梶井浩志、八鍬忠雄、水上洋一、福田浩治;やまぐち情報スーパーネットワークを用いた研究加速化実証研究.山陽小野田市立山口東京理科大学令和5年度研究成果発表会(2024年3月13日、山陽小野田)

  3. 日山あかり、松本朋子、鶴留優也、牛島健太郎、堀口道子;山陽小野田市における慢性腎臓病(CKD)による透析患者の動向調査とCKDに対する新しい薬物デリバリーシステムの開発.山陽小野田市立山口東京理科大学令和5年度研究成果発表会(2024年3月13日、山陽小野田)

  4. 鶴留優也、森田菜央、堀口道子、牛島健太郎;糖尿病モデルマウスにおける血液内老廃物の脳内輸送メカニズム.山陽小野田市立山口東京理科大学令和5年度研究成果発表会(2024年3月13日、山陽小野田)

  5. 山川稚葉、安河内冴、鶴留優也、牛島健太郎、鶴田朗人、松永直哉、小柳悟、大戸茂弘;時計遺伝子の機能不全マウスを用いた神経障害性疼痛の発症抑制メカニズムの解析.日本薬学会第144年会(2024年3月31日、横浜)

  6. 鶴留優也;長期休息期摂食が引き起こす栄養バランス異常.第11回九州山口沖縄リズム研究会(2024年4月7日、福岡)

  7. 牛島健太郎;体内時計障害から探索する変形性関節症のバイオマーカー.第51回日本毒性学会学術年会シンポジウム19 体内時計の変調がもたらす健康障害と疾患:メカニズムの理解と予防策の構築に向けて(2024年7月4日、福岡)